MAD BOLT GARAGEで扱っているE-bikeは、全て【法定速度で走行可能な電動アシスト自転車】です。

電動アシスト自転車とフル電動自転車(モペット・スロットル付き)の一番の違いは”アシスト”なのか”自走”なのかです。

モペット・スロットル付き「フル電動自転車」は「自転車」ではなく「バイク」です。

ペダルを漕がなくても走れる乗り物は自転車ではありません。

無免許運転や無保険運行のほか、ナンバー不表示や保安部品を備えない(整備不良)状態でペダル付原動機付自転車を走行させると法令により罰せられます。

「電動アシスト自転車」は、人の力を補うため原動機(モーター)を用いるものであって、道路交通法上「自転車」として扱われるものであり、フル電動自転車とは全く異なるものです。


⚫︎MAD BOLT GARAGEで扱っているE-bikeは、全て法定速度で走行可能な電動アシスト自転車】です。

 

当店では、昨今ニュースとなっている、電動アシスト自転車の法定速度である時速24kmを超えても加速するような、違法車両の販売はしておりません。

ペダルを漕がなくても走れる乗り物は自転車ではありません。

無免許運転や無保険運行のほか、ナンバー不表示や保安部品を備えない(整備不良)状態でペダル付原動機付自転車を走行させると法令により罰せられます。

条件を満たさずに道路上で走行(使用)した場合は、道路交通法違反等の罪に問われます。 無免許で運転された場合、無免許運転の刑事処分となり「3年以下の懲役または50万円以下の罰金」となります。

また、道路運送車両法では、保安基準に適合しない改造や不正改造車の走行は禁止されています。違反した場合は、6ヶ月以下の懲役または30万円以下の罰金が科せられます。また、不正改造車に対する使用の停止処分なども規定されています。

電動アシスト自転車であっても、時速24キロメートル以上でモーターの力が加わる改造をして、基準に合致しなくなった場合は、たとえスロットルが無くペダルを漕がなければ運転できないとしても、原付バイクに該当します。


・電動アシスト自転車:ペダルでこがないと進まない。

補助動力なので自転車と全く同じ扱い。


モペット・スロットル付き:自走可能。


アクセル(スロットル)が付いている(フル電動自転車含む)
原付と全く同じ扱いであり、公道を走行する際、ペダルのみ使用で走行していても原付バイクやオートバイに該当し公道を走行する際は運転免許が必要、
ヘルメットの着用、ナンバー登録、自賠責保険加入など法令に基づいた条件が全て必要となります。

弊社で販売している電動アシスト自転車はペダルを踏み込むことでアシスト機能が作動します。

国内基準は時速24kmのアシスト制限があり、弊社販売商品はそれを越えるとアシストが停止する仕様となっておりますので自転車と全く同じ扱いとなります。

正規ルート以外の並行輸入品や販売状態から違法改造をした車体は、弊社直営店MAD BOLT GARAGEではメンテナンスを固くお断りしております。

弊社商品をご利用されているお客様におかれましては、公道走行時の交通ルール・マナーを遵守していただきますようお願い申し上げます。

弊社としましても安全安心な車体の提供とともに、お客様への交通ルール遵守のご案内なども引き続き行って参ります。

何卒よろしくお願い申し上げます。